ピエール・ガニェール氏について

ピエール・ガニェール(Pierre Gagnaire, 1950年4月9日 - )は、前衛的と評されるフランスのシェフで、パリの8区、バルザックにあるレストラン「ピエール・ガニェール」のオーナー・シェフ。「厨房のピカソ」と謳われている。
2001年からは、フランスの物理化学者エルヴェ・ティスと協力し、分子ガストロノミーという科学の考え方を取り入れた、新しい料理法に取り組んでいる。